2024/04/30

フリーペーパーを効率的にターゲットに届ける効果的な配布エリアの選定と配布方法

フリーペーパーは、地域密着性が高い紙媒体なので、特定の地域の住民や企業に向け、ターゲットを絞って広告を展開したい場合に最適です。また、無料配布されているため、雑誌より不特定多数の人にみてもらえ、割引きクーポンなども掲載でき、販売促進から購買促進までつなげられます。地域密着で事業を展開している店舗やサービスにとって、住民やそこで働く人向けの宣伝媒体として適しています。

無料で設置できる場所もあれば、有料な場所もあるので事前のリサーチが重要です。最適な場所に設置して狙ったターゲットにしっかり読んでもらい、集客に繋げていきましょう。配布方法は様々で新聞折込や設置型などあります。

● 育児中の主婦

幼稚園や保育園に通っている子供がいる主婦層を狙う場合、幼稚園や保育園にフリーペーパーを設置してもらうという方法もあります。

育児世代にダイレクトに訴求でき、新規顧客を獲得することも可能です。

他にも、以下の育児中の主婦が行きそうな場所に設置することで訴求力を高められます。

ドラッグストア

ベビー用品の販売店

小児専門の病院

美容室

カフェ

ショッピングモール など

● 高校生・大学生

高校生や大学生を狙う場合、利用頻度が高い場所が良いでしょう。幅広くあるため、設置先を一つに絞らず複数設けることで訴求力も高まります。

学校のフリースペース

コンビニ

ライブハウス

アパレルショップ

ショッピングモール

カラオケ

映画館

書店 など

● ミドル・シニア

ミドルやシニアを狙う場合、特にシニアだとターゲット層はその家族や介護者も含めることができます。健康を意識する世代のため、医療や介護、新たな趣味や資産運用について注目する人が多くいます。そのため、以下のような設置場所と相性が良いです。

医療や福祉施設

公共施設

銀行

温泉施設 など

● 富裕層

富裕層向けのフリーペーパーの形態は様々で、富裕層が多く住んでいるエリアにフリーマガジンを発行しています。配布場所としては、富裕層の個人宅へのポスティングが多いです。

なぜなら富裕層は、ショッピングモールや駅、コンビニといった一般的なフリーペーパーの読者が出向きそうな場所に行く可能性が低いからです。富裕層を狙うフリーペーパーは、まずは国税調査に基づいてエリアマーケティングを実施。富裕層が住んでいるエリアで的を絞り、ポスティングを行うといった方法を取る方が確実でしょう。

アドnoteの一覧に戻る

関連アドnoteRelated ADnote

Contact

お問い合わせ

広告出稿に関する
ご相談・お問い合わせはこちら

WEBでお問い合わせ